本気の便秘解消ならコレ!おすすめの飲み物10選

HOME » 予防・改善のための便秘に関する基礎知識 » 便秘にならないためには

便秘にならないためには

こちらでは、いや~な便秘の予防法について解説しています。

まずはココから!便秘の予防法をレクチャー

便秘になりやすい人は、まずは便秘にならないために予防法から考えることが大事です。便秘になると、お腹がはっていたり、ガスがなかなか出なかったり、はっている分食欲はないものの、体重が痩せるわけでもないといった、どこか不調で不快な日常生活を送ることになってしまいますよね。

便秘になりやすい女性の場合はとくに、便秘からくる不快なストレスが原因でイライラしてしまうこともあるでしょう。また、便秘よって肌荒れを起こしたり、ニキビや吹き出物が出った場合でも、便秘が解消してもすぐに消えるわけではく、それらのニキビや吹き出物はしばらく残ってしまいます。長年の便秘は放置しておくと、直腸がんなどの病気を引き起こす可能性もあるのです。

バランスの良い食事と水分管理が大事

以下に、便秘症状を招かないための予防法についてまとめてみました。

  • 1.一日3食、バランスよくしっかりと食べる
    毎日決まった時間にバランスのいい食事を摂ることで、お腹のリズムが整って排便がスムーズになります。とくに朝の食事は、眠っている体から便意を刺激するためにも必要な食事といえるでしょう。
    ファーストフードなどではなく、肉・魚・大豆などのたんぱく質、野菜、ご飯、お味噌汁といったバランスの良い食事を摂ることを意識しましょう。
  • 2.食物繊維をしっかり取る
    食物繊維は、腸管を刺激して排便を促す効果があるとされています。
    食物繊維は野菜や果物、海藻類などに多く含まれていますが、毎日適切な量の食物繊維を満たす分の野菜や果物を取るというのは至難の業です。食物繊維を効率よく取るためには、便秘解消効果のある飲み物やサプリなどがおすすめ。
    便秘解消に最も大切な成分・食物繊維に関しては、バランスのよい食事とこういった補助食品も併用することを何よりおすすめします。
  • 3.水分をしっかり取る
    水分が不足すると腸の中の便の水分も奪ってしまい、いわゆる固い便になり便秘になりやすくなってしまうため、水分補給も大事です。
    食事のときに水分をあまり取らない、など水分をしっかりと取る習慣がない人は、より意識して水分補給をしてあげましょう。
    とくに、朝起きた時にコップ1杯の冷水を飲むと腸が刺激されて排便が促がされるのでオススメですよ。
  • 4.油脂類を適度に摂りましょう。
    意外なことかもしれませんが、ダイエットなどで油脂類を徹底して抜いてしまうと、これもまた便秘を導いてしまいます。適度な脂肪は、腸粘膜を刺激し便がスムーズにでるように働きかけてくれるため、便秘予防のためには適度に油脂類を取るとよいでしょう。
    逆にいうと、油脂類をとらないダイエットを続けると便秘になり、逆に体内の循環が悪くなりやせにくくなることもあります。ダイエットの際にも、便秘解消効果のあるオリーブオイルなどを多少は摂るように気をつけましょう。

運動・冷え対策など日常生活でできること

ほかにもまだまだ便秘の予防法や生活習慣があります。ぜひ意識してみてくださいね。

  • 5.ヨーグルトや乳酸飲料を積極的に摂る
    ヨーグルトやヤクルトなどの乳酸飲料は、便秘予防の代表的な食べ物。乳酸菌を含む食品を摂ることで腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整えるようにしましょう。
    また、摂取した善玉菌を活発に働かせるために、一緒に摂取する栄養素にも注目してみましょう。乳酸菌と相性の良い成分といえばオリゴ糖が有名ですが、おすすめなのは「ユーグレナ」という成分。
    和名でミドリムシといえばご存知かと思いますが、ユーグレナはオリゴ糖を超える乳酸菌の活性化作用を持ち、便通の改善成分として注目されているのです。ユーグレナのサプリについては、ユーグレナ(ミドリムシ)サプリメントを徹底比較
  • 6.刺激物を適度に摂る
    刺激物って腸にあまりよくないイメージがあるようなのですが、香辛料やお酢、アルコールなどの刺激物を適度に摂ることは、便秘予防の観点からはじつはおすすめなのだそう。
    刺激物を適度に摂ると腸が刺激されて排便が促がされるそうですよ。
  • 7.体を冷さないようにする
    体が冷えると体内の循環が滞ってしまうので、便秘にもなりやすくなります。お尻やお腹、腰などをとくに冷さないように注意しましょう。
  • 8.便意を感じたら我慢せずにトイレに行く
    これは意外と大事です!便意を我慢をしていると神経が麻痺して便意を感じなくなってしまいケースが多々あります。
    便意があったら、できる限りはすぐにトイレに行ってすっきり出してあげるのがよいでしょう。便秘を我慢し続けると、もともとあった便意がなくなり本格的な便秘になってしまうことがあります。
  • 9.適度な運動を心がける
    運動することで腸の働きが活発になるため、排便がスムーズになります。適度な運動をして代謝をあげたら、腹部のマッサージや腹筋などもしてあげましょう。これらの体操も快便につながります。
  • 10.しっかり睡眠をとる
    眠っただけで便秘が治るなんて話も聞いたことがあります。睡眠をしっかりととり、便秘の原因となる体の疲れやストレスを軽減してあげましょう。
 
ページの先頭へ
お腹スッキリ!便秘解消に効果的な飲み物BEST5