本気の便秘解消ならコレ!おすすめの飲み物10選

HOME » 予防・改善のための便秘に関する基礎知識 » 頑固な便秘を解消するには

頑固な便秘を解消するには

こちらでは、つらい便秘を解消できる10の生活習慣やコツなどをご紹介しています。

頑固な便秘を数日で解消できる10のこと

便秘の原因って人それぞれで違ってくるものですが、食生活や運動・睡眠の習慣を整えただけでも、ストレスも減って十分に体内から変わってきますよ。

気づいたときにやりたい!頑固な便秘解消の習慣

  • 1.朝起きたらコップ1~3杯分の水を飲む
    脳は朝目覚めると同時に、腸に対して活動を開始させる指令を出すので、朝起きたタイミングで水を飲むと胃腸に刺激を与えることができ、腸の活発化がより促進されるといわれています。
  • 2.朝食に煮物か野菜のおひたしを加える
    これは食物繊維を取るということ。食物繊維は便秘解消に効く成分として欠かせない存在なので、たっぷりと取る様にしましょう。
    生野菜よりも温野菜のポトフや野菜たっぷりの汁物、煮物にすれば、野菜のカサが減少するため、たっぷりの量の野菜を摂ることができます。
  • 3.1日1回、ヨーグルトか乳酸菌飲料を取る
    便秘解消には、腸の健康を保ち整腸作用のあるビフィズス菌を取ることが大事。食品では、ヨーグルトや乳酸菌飲料を取り入れるのが手軽でオススメです。
    ビフィズス菌を取ると、腸内の善玉菌を増やしてくれるので便秘解消に役立ちます。
  • 4.便意がなくても、必ずトイレに座る時間を確保する
    たとえ便意が無くても、毎朝トイレに座り続けることで、便意を起こしやすくする練習の効果があります。
    ただ便座に座るのではなく、少し45度くらい前傾姿勢に上体をかたむけることで、適度な腹圧がかかって排便が促されやすいそうですよ。
  • 5.ウエストをひねるエクササイズを取り入れる
    ウエストをひねるエクササイズは、腸を直接刺激できるので活性化させて排便を促す効果が期待できます。
    エクササイズのやり方は、肩幅に足を開いて3秒に1回のペースでウエストを左右にひねるだけ。気づいたときや仕事の休憩ときなどに取り入れましょう。
  • 6.15分のウォーキングで運動不足を解消する
    1日15分歩くだけで運動不足はある程度解消されるとされています。
    毎日何キロも走る、なんていうと気が遠くなりそうという人でも、駅まで自転車やバスを使わずに歩いてみる、一駅手前の駅で降りて歩くなど、気負わずに気軽に取り入れてみましょう
    ウォーキングを始める前に、軽いストレッチや腹筋を取り入れるとより効果的ですよ。
  • 7.絶食はNG。1日3食しっかりと食べる
    当然のことながら、単純に食べる量が減れば便の量も減ります。無理なダイエットなど絶食をすることで、便秘解消どころか逆に便秘が悪化することにもなりかねません。
    3食きっちり食べれば間食を抑えられますし、消化や排便の体内リズムができてくるのでダイエットにも便秘解消にも効果的です。
  • 8.就寝3時間前までに夕飯を終える
    胃腸に食べ物がいっぱい入った状態で寝ると、便が作られにくくなったり、栄養が吸収されにくくなるほか、肥満の原因にもなります。
    夕飯を睡眠より軽めにすませておくことは便秘にも肥満解消にも効果的です。
  • 9.入浴時に下腹部をマッサージする
    入浴時には、湯船に浸かりながら、おへそを中心に「の」の字を描くように下腹部をマッサージしましょう。
    ゆったりした気持ちで行えば、より腸が刺激され便秘解消にもつながります。
  • 10.睡眠時間は約6時間は確保する
    便秘解消には睡眠も大事。最低でも、1日に必要とされる5~6時間はしっかりと睡眠を取りましょう。
    質が良い睡眠を取れば、睡眠時間が短めでも体の疲れが回復し、便秘やストレスも解消されるそうです。良質な睡眠がとれるよう寝室作りも工夫してみてくださいね。

便秘解消におすすめの生活習慣は以上です。一つ一つはとっても簡単ですよね。できるものからで良いので、これらを毎日の習慣にしてみてくださいね。

 
ページの先頭へ
お腹スッキリ!便秘解消に効果的な飲み物BEST5