本気の便秘解消ならコレ!おすすめの飲み物10選

HOME » 予防・改善のための便秘に関する基礎知識 » 便秘薬の副作用

便秘薬の副作用

こちらでは、便秘薬の怖い副作用について解説しています。

便秘薬には副作用があるって知っていますか?

便秘に悩んでいる人のなかには、便秘薬を常用的に飲んでいる人も結構いらっしゃるようです。「毎日便秘薬を飲まないと便が出ない」なんていう若い人の声を聞いたこともあります。

しかし、便秘薬といえどもお薬。妊婦さんや授乳中のママさんは、原則として便秘薬の使用は禁止となっています。ですが妊婦さんや授乳中のママさんでなくても、さまざまな副作用が現れる恐れがあります。一般的には、腹痛や下痢、体のだるさなどを引き起こしてしまう方が多いようです。また、便秘薬を飲むことに慣れてしまうと、腸の機能が低下して便意を感じなくなってしまう恐れもあるそうですよ。

さらに、便秘薬を牛乳と一緒に飲むと、胃が荒れて胃粘膜障害を起こしたり、胃痛や腹痛、吐き気や嘔吐などの副作用がより強く現れてしまうのだそうです。牛乳で飲むとよさそうな気がしてしまうけれども、それは大間違いのようですよ。

便秘薬は基本的に、腸に届けることが目的なので、腸で届く前に胃で溶けないように特殊なコーティングがされています。牛乳には、胃酸を中和する働きがありますが、便秘薬は強い胃酸の下では溶けませんが、胃酸が中和されるとコーティングが溶けてしまうため、溶けた薬の成分が、胃粘膜を刺激することで強い副作用が現れるのだそうです。

このほか、健康な人でも、更年期の時期や40歳代以上になると、低胃酸または無胃酸といって、胃の中の酸性度が弱まるため、牛乳で中和されたのと同じような胃液の状態となって便秘薬の副作用が現れやすくなるそうです。

便秘のタイプによって便秘薬が合わない場合も

便秘薬には、刺激性下剤、塩類下剤、膨張性下剤、生薬成分、整腸剤などのさまざま種類が存在します。市販の便秘薬で、もっともよく売られているのが、ビサコジル、センノシド、アロエエキス、ピコスルファートなどを有効成分として使った便秘薬で内服用の刺激性下剤に分類されています。

刺激性下剤の便秘薬の特性は、大腸粘膜を刺激して、腸の運動を活発化して排便を促すというもの。こういった便秘薬は、胃で溶け出したり胃酸で分解されると、胃の粘膜が刺激されて激しい胃痛や吐き気や嘔吐などの副作用が現れるケースがあるため、胃では溶けないで、きちんと大腸で作用するために、小腸に移動してから溶け出す製剤設計となっています。

しかし、このタイプの便秘薬は、弛緩性便秘には向いていますが、痙攣性便秘の人は使用してはいけないことになっているので、自己判断で容易に常用するのはおすすめできません。

成分別にみる便秘薬の副作用

こちらでは、おもに便秘薬に使われている成分別の副作用についてまとめています。

  • 硫酸マグネシウム・水酸化マグネシウム
    腸を活発化させますが、大量に摂取するとマグネシウム中毒を引き起こしたり、眠気やだるさ、筋力や血圧の低下を引き起こしす可能性があります。
  • ピコスルファートナトリウム
    弛緩性便秘に向いているものの、虫垂炎や腹膜炎等など急性腹症の症状がある人は悪化させてしまう可能性があるので注意しましょう。
  • センノシド
    重い副作用は無いとされていますが、妊娠中や開腹手術後の方は注意が必要。このほか、けいれん性便秘や重度の硬結便の方も悪化するおそれがあります。
  • ビサコジル
    効果に即効性がありますが、一時的に腹痛を感じる事が多くあります。ビサコジルには子宮収縮作用があるため、妊婦さんは、早産や流産の確率を高める危険性があります。便が非常に硬い重症の硬結便の人は、ビサコジルの蠕動運動促進作用や排便反射刺激作用によって、便秘が悪化するおそれがあります。

また、一見、副作用を感じなくても、便秘薬に慣れればなれるほどに、自然排便が難しくなる依存性には注意が必要です。

ドラッグストアなどで手軽に手にはいるようになった便秘薬ですが、副作用がある事を充分に理解しておくことが大事です。できれば安全な便秘を解消する健康食品などの飲み物をおすすめします。

 
ページの先頭へ
お腹スッキリ!便秘解消に効果的な飲み物BEST5